忍者ブログ

鍵屋さん開業フランチャイズで儲けよう

自宅でできるフランチャイズの鍵屋さんで儲けようというテーマですが、不況に強い穴場として鍵職人養成学校通信教育が断然お勧め。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鍵屋さんフランチャイズに興味ある人へお勧めの本

鍵屋さんというか、錠前師を目指す人、あるいはフランチャイズで鍵屋さんになったりした人に読んでおくと役立つ本の紹介をしておきますね。


書籍のタイトルは、「闇のハローワーク」というものです。

発売元:彩図社

発売日:2008年10月27日


内容はその中に新宿などで実在する鍵屋さんの自叙伝が書かれてあるコーナーがあるのですが、そこに同業者のよく聞く噂というものがあります。内容はレビューなどもこのサイトからチェックできるように、右サイドバーの下部にでも本をリンクしておきますので、各自読まれてください。


私が思うに、景気などに左右されない! または、不景気になると需要が増えるという警備産業ですが、儲かるかどうかの秘訣は、≪リスク回避型ビジネス≫という部分をいかに自分なりにエピソードとしてアピールできるのか? に掛っていると思うのです。


たとえば、「鍵が開かないので開けてほしい」というお客さまが全国にたくさんいらっしゃいます。車のキーの閉じ込なども私自身会社の駐車場でウッカリやってしまった経験がありますから(笑)


でも、個人の住宅へ呼ばれるということや、「なぜ鍵を安全なものへ交換したほうがよいのか?」などを客観的な書籍などを用いて、「あの本にも書いてありましたよ~」ってどこかでアピールできたほうが稼ぎが良くなると感じるのです。


怪しい鍵屋さんも少なくない! そんな業界全体をアピールし、同時にいかに自分がその辺クリアなのか? 同時にきちんとHPとかに書いてあるほうがよいと思うのです。


エピソードを用いてお話をするのが良いのですが、相手が自分で本を買って実際に目にできるような具体的な資料のほうが、絶対に無駄がないからです。


鍵屋さんの中には、職人さん気質の無口な人も少なくないと思うのですが、自分なりの資料などにサクッとエピソードを書籍から抜いてしまい、コピってしまうほうがよろしいかと思います。


そんな感じなのですが、1冊高くないので鍵屋さんにお勧めしている本になります。


どんなビジネスでもそうなのですが、スタート段階からエピソードをしゃべれるほうが稼ぎやすいとアドバイスしておきます。尚、女性の人は読むと怖いと感じるでしょうからあまり読まれないほうがよろしいです。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

フリーエリア

フリーエリア

■PR広告■
直近の24時間での
販売数ランキング

フリーエリア

フリーエリア

お勧めの本

裏のハローワーク

新品価格
¥600から
(2010/10/14 11:42時点)

バーコード

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Copyright ©  -- 鍵屋さん開業フランチャイズで儲けよう --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ